観光案内

ジェイズの周辺には、観光名所やスポットが沢山あります。 旅の参考にいくつかご紹介させていただきます!

道の駅 伊東マリンタウン

道の駅 伊東マリンタウン 温泉をはじめ、ショッピング、グルメ、遊覧船(有料)の揃う複合施設。スパは大浴場、露天風呂、貸切風呂(1時間2,000円・要予約・当日でも可)がありすべて海が望める贅沢な空間。 マッサージコーナー、アロマの香りが心地いいメディテーションルーム等、休憩スペースも充実! 駐車場は6台身障者用あり。 スパ、ショッピング、グルメが楽しめる新名所 。 道の駅 伊東マリンタウン ホームページ

松川遊歩道

松川遊歩道 しだれ柳やしゃれた街灯が並ぶ、約1kmの松川のほとりの道はのんびりと散策するのがベスト。川の向かいには東海館やいな葉といった昔ながらの木造建築が立ち並び、湯の街情緒がたっぷり。川には見事な鯉やカモなどもいて、時間がゆっくり流れている。温泉モニュメントや木下杢太郎のレリーフも探してみたい。 柳がそよぐ松川をゆっくりと歩きたい 。 伊東市 ホームページ

伊東温泉東海館

伊東温泉東海館 昭和初期の建築様式をそのまま残す木造3階建の温泉旅館『東海館』。
松川沿いにある老舗旅館の東海館は1997年に廃業して、現在は伊東市の文化財として一般公開されている。
東海館の浴室は市営の立ち寄り温泉として営業されている。
伊東温泉東海館 ホームページ

一碧湖の自然と公園

一碧湖の自然と公園 「伊豆の瞳」と呼ばれ、周囲4kmのひょうたん型の景観の美しい湖です。湖面に映る天城連山は、春には桜、秋には紅葉と四季おりおりの趣きをみせます。 周辺には美術館等の文化施設も充実しており、隣接する伊豆一碧湖美術館のテラスでのティータイムは優雅な気分を楽しめます。 俳人の与謝野夫妻も愛したと言われるこの湖は、バス釣りでも有名で、まぼろしの大物もいるとか…。 一碧湖の自然と公園 ホームページ

伊豆シャボテン公園

一碧湖の自然と公園 公園は5つの温室に分かれ、1500種類の世界中のサボテンや多肉植物が生育されている。 またチンパンジー、リスザル、ワラビー、ペリカン、クジャクなどの動物も飼育されている。 1973年にメキシコ政府から伊豆シャボテン公園に贈呈されたメキシコ古代遺跡のレプリカが、24種、33点展示されている。 伊豆シャボテン公園 ホームページ

城ヶ崎海岸

一碧湖の自然と公園 城ヶ崎海岸は、大室山が約4000年前に噴火したとき溶岩が海に流れ出し、海の侵食作用で削られてできた雄大な出入りの激しい溶岩岩石海岸です。 海岸線には絶壁が連なり、幾重にもふところ深く入り組んだ岩礁、岬から岬へと続く眺めはまさに壮観です。 門脇灯台を中心に全長9kmのハイキングコースがあり、なかでも門脇崎の海の吊り橋は長さ48m、高さ23mでスリル満点です。 城ヶ崎海岸 ホームページ

大室山さくらの里

大室山さくらの里 さくらの里は、伊東市内から南へ15kmの大室山山麓40,000㎡に広がる広大な敷地に、40種3,000本の桜が植栽されている公園です。 園内では一年中花を楽しむ事が出来ます。冬から春にかけては菜の花が黄色いじゅうたんのように咲き広がり、初夏にはヘメロカリスが黄色やオレンジ色の花を付け、7月から初秋にかけては色とりどりのコスモスが風にゆれています。 大室山さくらの里 ホームページ

伊豆ぐらんぱる公園

伊豆ぐらんぱる公園 伊豆高原の中心、国道135号線沿いの子供から大人までいっしょに遊べる伊豆の自然と融合したレジャー&リフレッシュ公園です。 伊豆ぐらんぱる公園は食堂街が充実しているのも公園の魅力のひとつです。一部遊具にペットと乗車できます。 伊豆ぐらんぱる公園 ホームページ

汐吹公園

汐吹公園 伊東港から川奈港へ行く海岸の途中にある、磯遊びもできる海の公園です。名物の汐吹き岩は潮の干満によって断崖絶壁の洞穴から潮が吹き上げ、自然の雄大さを感じさせてくれます。 駐車場左側の坂道を降り、右に磯を廻ると汐吹岩があります。岩の中は水面から高さ4m、奥行き6m、深さ2mの約5畳敷位のまるい空洞になって、北風で満潮時には約10m位、海水を吹き上げます。 汐吹公園 ホームページ

なぎさ公園

なぎさ公園 伊東松川河口にある伊東湾を望む公園からは、房総半島、三浦半島、真鶴岬、初島などが一望でき、市民や観光客の憩いの場となっています。 昭和52年に伊東市制30周年を記念して、地元彫刻家・重岡建治氏の「家族」と題した彫刻をメインに、重岡建治氏の彫刻が数点展示され、伊東市民の平和と幸せを希求する姿をシンボル化した公園として整備されました。 なぎさ公園 ホームページ